AKG旭川医大生家庭教師会

  • 旭川市で家庭教師の求人に応募して働くと

    • 旭川市で家庭教師の求人に応募した際は、主に受験生の家に行き、受験対策のための教育をすることになります。


      教え方は人それぞれですが、家庭教師が最も活用しているのが過去問題集です。図書館に行けば無料で借りられますが、2週間の期間があるので、それまでに問題部分を印刷しておく必要が生じます。
      上手く印刷できたら、それを使って受験生の学力と苦手分野を把握します。
      数学や英語、理科なら苦手分野が把握しやすいですが、国語はどの部分が苦手なのかがわかりにくいので注意です。



      何度か模擬テストを受験生にさせれば、自然と学力が見えてきます。



      目指している高校や大学がある時は、難しい場合はすぐに伝えておいたほうがいいです。



      早めに無理だと理解できておくと、ランクが下の所へ合格する可能性が上がるので、留年を防げる結果につながります。

      留年は悪いことではないですが、両親からしてみると恥ずかしい一面もあるため、そうならないように努力することになります。
      上手く目標の学校に入学をすると、家庭教師を呼んで良かったという結果につながったため、何らかのボーナスを頂けるかもしれないです。
      旭川市へ電車で通っている時は、旭川市内へ一緒に向かう人の中に、風邪を引いている人が乗っている場合があります。風邪を引いてしまうと家庭教師を休まざるを得なくなるので、電車内にいる時はマスクを装着しましょう。あと、受験時期が近づいた時は、受験生に手洗いとうがいを頻繁にするように勧めたほうがいいです。

top